2011年05月18日

月経不順の判断基準

月経(生理)不順っていう言葉は、女子の会話でまぁまぁ出てきますね。

しかしながら、どこからが月経不順で
どこからがそうでないのかわかっていない人も多いはず。

本日は、月経不順について書いていきたいと思います。




月経不順とは?


正常な月経周期以外のペースで月経が来た場合を生理不順といいます。

初潮の時からずっと生理不順という方もいらっしゃいますし、
受験や就職をきっかけに数カ月間だけ一時的に不規則になられる方、
更年期の症状として40代後半から急に不規則になられる方と様々です。

女性の場合、月経が規則的にきているかどうかが、
ホルモンの状態を含めて新進が正常に働いているかどうかがわかる
一番のバロメーターとなるのです。

しかしながら、人間の体は機械ではないので、
毎月同じ日にちに出血しなかったからといって、全てが生理不順とは限りません。




月経の数え方


自分が生理不順か判断するためには、月経周期を知っておかなければいけません。

月経周期とは・・・・・・

前の月の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数で表します。

この周期が、25〜38日であれば正常な月経周期と言えます。

つまり、ピッタリ1カ月で次の月経がはじまらなくても、
数日前後するのは正常範囲なのです。

逆に月経周期が24日以下だったり、39日以上だったりした場合は
「月経不順」ということになります。


【異常な月経】

・月経周期が24日以下の場合・・・・・・・頻発月経

・月経周期が39日以上の場合・・・・・・・希発月経

・排卵せずに月経が来ている場合・・・・・無排卵月経




無月経とは?

3カ月間全く月経のない状態のこと。
月経不順よりもより深刻です。

18歳を過ぎても初潮がない場合を「原発性無月経」。
以前はあったのに途中でとまってしまった場合を「続発性無月経」といいます。

最近では、ストレスやダイエット、
激しいスポーツなどが原因で月経が止まってしまう「続発性無月経」がとても増えているようです。




生理不順の主な原因


・ストレス

・睡眠不足

・加工食品・ファーストフードの食べ過ぎ

・自律神経の失調

・ホルモン分泌異常

・疲労

・栄養障害

・発育不良

・痩せすぎ

・肥満・太り過ぎ

・極端なダイエット

・極端な冷え症



月経不順になったときの病院へ行くタイミング


2〜3カ月の間、不規則になっても、
その後自然に正常な周期に戻るようで有れば心配ないようです。

月経周期が安定するのは、20歳をすぎた頃という場合も少なくないので、
10代のうちは月経不順でも年齢とともに改善されることがほとんどです。

それに女性の体はとてもデリケートで
ちょっとしたストレスで排卵が遅れ、月経が2週間くらい遅れてしまうことも少なくないので、
基礎体温をつけながら、3カ月程度様子を見てみましょう。

60日以上月経がない場合は、放置せず婦人科を受診するようにしましょう。

卵巣の働きがかなり低下している可能性があります。

特に20歳以上の方で60日間ずっと基礎体温が低いままの場合は、
全く排卵していないということなので、
きちんと検査を受けて治療を開始しましょう。







大阪でローンをお探しなら大正銀行へ

蕨駅から徒歩30秒の歯科はこちら。

過払い請求でお困りの方はジャパンネット法律事務所にご相談を。

洗面台のリフォームはゆとりフォームで。

★大阪のオフィス移転ならビーズに全てお任せを。


posted by みみみずき at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。